低温熱分解バイオマス乾燥機


= 環境に優しい低温熱分解バイオマス乾燥機 =

株式会社インタープランニングは
地球環境改善を推奨し環境に優しい商品提供を行っております。
尚、以下の製品にご興味の在る方は、当社までお気軽にお問い合わせ下さい。

* お申込みフォームを利用される場合は
必ず最下部の『お問い合わせ』欄に「バイオマス乾燥機」とご明記下さい。

低温熱分解バイオマス乾燥機

低温熱分解
バイオマス乾燥機
廃材等の木質バイオマスや食品残渣などを原料とし化石燃料に依存しない、新しい熱エネルギー発生装置です。廃材(建設端材・間伐材・樹皮・製材所端材・剪定枝・残幹・茎・竹・炭)をペレット化せずに、そのまま燃料として利用することが可能で、従来の木質ペレットや重油に比べ、5分の1程度のコスト削減にも繋がります。1.5トンの原料を投入しておくことで、約1週間にわたり最高50度の温風を送風することができます。また、焼却炉としても利用でき、温水ユニットを付ければ、湯沸かし器にもなります。
低コスト 端材・間伐材を燃料とする為、燃料費が格段に安価です。
従来、産廃として処理費を払っていたトロ箱・建築端材などの費用も削減できます。
2次燃焼室では自燃する為、経費節減に繋がります。
2次燃焼室の補助バーナー(1L/h)は、従来の10分の1の燃料で済みます。
端材の投与は、1週間で2回程度です。
ハイパワー 化石燃料 (石油・石炭など) 系ボイラーに比較しても十分な熱量 (10万kcal/h) を得ることができます。
2室 (2バッチ式) 方式で
24時間365日の連続運転可能です。
燃焼能力は20~25kg/Hです。
1日480~600kgです。
タールや木酢液は、2次燃焼室で800~850度でエネルギー化されます。
ECO 不要端材の再利用・有効利用 (リサイクル) に貢献します。
排煙は、発生ガスを完全燃焼させることでクリーンな排気にします。
発生した灰は、良質な燃焼灰です。
2次燃焼後の熱エネルギーにより、暖房装置や温水装置などに利用することができます。
長寿命 磁石の特徴を利用し、低温での熱分解が可能になり、低温使用するため装置が痛まず長持ちします。
特 徴 1.燃料は乾燥した木材を炉室 (3㎥) に投入し、大きさや形に制限なく縦置きにして詰め込みます。

2.初期燃焼状態、及び、おきび燃焼状態を通じて、燃焼量を自動制御し、必要な熱量を発生させます。

3.温風は、室内温度プラス最大40℃の範囲で温度と風量を制御して、プログラム設定した室温を実現します。

4.燃焼で発生する最大熱量は10万~14万kcal/h、標準運転熱量は9万kcal/h。A重油換算で10リットル/hに相当します。

5.ハウス暖房持続時間は、樹種・薪投入量・燃焼条件などにより異なりますが、1バッチ当り1~7日が目安です。

6.暖房の必要がないときは、休眠状態におくことができ、容易に再燃焼させることができます。

7.補助バーナを含む1次~3次燃焼による排煙浄化機構を備え、完全燃焼による優れた熱効率で温風を発生。

8.排煙はクリーンであり、大気汚染防止法による排煙規制に準じた一酸化炭素や煤塵量になります。

9.石油系ボイラーを当該ボイラーで置き換えれば、地球温暖化防止炭酸ガスクレジットの獲得に利用できます。

10.携帯燃焼モニターを見ながら、何処でも、何時でも、希望に応じた温度管理ができます。
資 料 »低温熱分解バイオマス乾燥機 (PDF)
»低温熱分解バイオマス乾燥機 特徴(PDF)

お問い合わせ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存